フカセ釣りでメバル

NO IMAGE

また週末の天気が悪い!
いったいいつまで週末天気が悪い日が続くんだ!?
しかも暖かいと来たから、より悔やまれる^^;
最近定番となっている週末の夜中に海へ向かう。
今日はカサゴも視野にいれ、新たなパターンにチャレンジする意味でも、
餌ではなくワームのみでの釣行を!そうメバリングだっ!^^
場所は前回視察した福浦テトラへ…
現地到着後、早速準備!
ん!?
ロッドケースには…
2本継のロッドの先端側が2本。グリップ側がない…
今日はテトラだし、ロッドは1本でいいや…と抜いてきたのが…グリップ側2本TT
釣りできへんやろーーーーー
かろうじて、のべ竿があるので…福浦テトラのボトムの感じをしらない僕としては
のべ竿では難しいと判断し、車を走らせてファミリーマートでアオイソメを購入し
いつもの野島公園駅付近へ…
今回はいつものパターンと異なる釣りをする!と決めていたので、
いつものナス型オモリを使った胴付き仕掛けパターンは封印。
のべ竿だけに、フカセ釣りスタイルを!
釣行日:2016年2月19日(金曜日)22:50〜02:10/02:30〜03:20
場所 :野島公園駅付近/杉田臨海緑地公園
天気 :晴れ
潮  :下記参照
160219_タイドグラフ.png
仕掛け:ダイワ 波路 硬調 50/フロロ4lb/メバル用フック7号/ガン玉小
餌  :アオイソメ
今回は誰もいない!早速、お気に入りの場所で釣り開始…と思ったが、フカセ釣りの為、
ボトムを感じれないので、ダイソーで買ったケミカルライト25mmをセット。
フカセ釣り.png
元々ルアーマンでありフライフィッシングをやっていただけに仕掛けの考え方は
シンプルであってほしい!という思いから、ウキフカセも考えたが保留…
自分にとっては過去にない極小のガン玉を使っているので、
ゆ〜ったりと流されながら沈んでいく感じ。波があれば沈む前にラインが伸びきるかな?
波もあまりないので緩やかに…まぁここ野島公園では大抵ボトム付近にいるから
表層〜中層を攻めるというよりは、より自然にフォールする感じでのアピールか?
そしてボトムをとったか?ケミカルライトの動きが止まって10秒程度で
コツコツっといつものアタリ^^
1投目から幸先いい感じ!のべ竿がぐいぐい引っ張られる感じ^^
アタリがとまったら、いつもみたいにオモリが重いわけではないので、
ロッドを煽るのも、変な違和感を与えてはいけないとかな?と思い、
かるくロッドの先を揺らす。その度にアタリが来る!
なかなか警戒心が強いのか?なかなか食わない…でも、何度もチャレンジしてくる^^
そんなやり取りを2,3分続けて…
こんばんは!チビメバルくん^^
160219_メバル.png
ただ、その後アタリが出るも、さっきみたいな積極性は感じられないアタリが続き
次第になにもなくなった…先週の場所を探りに行くことにした。
参考:猛風の中でアタリをとる!
そして2匹目のチビメバル^^
160220_メバル.png
その後アタリが直ぐになくなり、ちょっとヘチよりも奥側を探ってみた…
すると、コツ!ではなく、ガンっ!!!って感じのアタリが!
重さもある!大きいぞっ!
一気にアドレナリン放出!
でも、その後アタリなし…TT
そして、今回はチャレンジすることだけを決めての釣行で時間を決めていなかったので、
そのままずるずると時間が過ぎていく…1:30あたりからアタリもパッタリなくなる…
よし!いつもの杉田臨海緑地公園だ!とすぐに移動。
現地到着してびっくり!駐車場が混んでる!
いつもと違って釣りをしている人がいっぱいいる!!
さっそくのべ竿を出す…
しーーーーーーーーーーーん
杉田臨海緑地公園に来て10分程度で、他の釣り人が「釣れました?」って
「まだ来たばかりなんです。どうですか?」って質問返しすると、
「22:30からやってるけど、釣れないです…」と…
軽く1匹のメバルと遊んだら帰ろうかなーなんて考えてただけに不安になる。
アタリも感じられず、30分が過ぎ…アオイソメのアピール度が足りない?
頭の中でアオイソメの動いているイメージを勝手にしてみる…
うん、動いてる…でも、メバルがいるイメージがわかない…
ならば…と長めのアオイソメを半分にして、体に傷をつけて臭いで誘う作戦!
また、イマジネーション!
ん!メバルが寄ってきた^^ なんてこと考えてたら、コツコツと!
キタッ!!!
でも、続かず…きりもないので、竿納め…
なんか、当初の予定と違う釣りになってしまったけど、新しい仕掛けでのチャレンジで
釣果をあげられたのは良かった^^
いつも通り、ブレずにチビメバルと遊んだし^^;
ただ、今回のべ竿での釣りでちょっとした疑問…
波路.png
ダイワ 波路 硬調 50
今回思ったんだけれども、僕はチビメバル専門^^; (本当は大きいの釣りたい…)
何度もアタリがきても、硬調なので違和感を与えて食わせられない?
あまり水深のない…2m程度で釣れるポイントを分かっていて、小物中心であるのならば
アタリをとることより違和感を与えない軟調の方が釣果はあがるのでは?
元々のべ竿は来るハゼの季節に向けて購入したんだから…
まぁ5mと長いので硬調は自然なのかもしれないけれど…
アタリはしっかりととれる。
でも、いつも使ってるSHIMANO ルアーマチック スピニング S76ULと比較しても
違和感を与えてしまっている様な気もする…
アタリが来て違和感を感じさせてると感じたので、即ロッドをさらに倒して
送り込んでみるも効果はない…ただ単に活性が低いからなのか?
因子をひとつづつ潰して上手くなりたいけれど、因子が多すぎる…
だから、釣りは面白いのかな^^
すっかり、ぼっち釣行が当たり前になったけれど、友人同士で釣行してる人を見ると
なぜ僕の周りには釣りをする人がいないんだーー!?と思ってしまう^^;
まぁ、ぼっち釣行は釣りに集中できる気持ちよさはあるんだけれど…