野島防波堤、昼はマゴチ、夜はメバルを狙う!

野島防波堤、昼はマゴチ、夜はメバルを狙う!

昨年同様、メバリング仲間と総勢7名の大人数で沖堤に上陸!



今回は12時渡船で僕を含めた5人。15:45便で師匠含め2人。
上陸してみて…風強っ!!!


釣行日:2017年5月3日(水曜日)12:30〜20:30
場所 :野島防波堤(沖堤)
天気 :天候:晴 / 気温15℃ / 風速:12m/s / 波:1m / 濁り :やや濁りあり
潮  :下記参照
タックル①
ロッド:BREADEN Glamour Rock Fish GRF-TE74 fortunateNB
リール:Daiwa 17 セオリー 2506
ライン:Rapala サフィックス 832 0.2号 6.3lb 150m ネオンライムグリーン S8GL150M
タックル②
ロッド:BREADEN Glamour Rock Fish GRF-TE83 deep
リール:Abu Garcia REVO MGX 3000SH
ライン:Rapala ラピノヴァX マルチゲーム 0.6号 13.9lb 200m ライムグリーン RLX200M
   ヤマトヨテグス フロロショックリーダー
今回のヒットルアー等
Jazz 尺ヘッド DX ミニ Dタイプ 漁師パック ♯10
ジャングルジム スリーパー J300
Berkley ガルプ! ベビーサーディン2インチ クリアカブラグリーン GSBS2-CKG
Berkley ガルプ! ベビーサーディン1.5インチ
Berkley ガルプ! SWクリケット1
SMITH メバピンピン
Fish Arrow フラッシュJ ソルトウォーター 3inch
マルキュー パワークラブ(L)赤ガニ
あまりにも風が強すぎて、沖堤の片側にはキャストを封印されてしまう。
しかし、キャストできる側は藻がすごく潮位が低いため、根がかり必須状態で
ヘチ中心に攻めるのが無難…

でも、そんな中でデイメバル狙うのも…と思うも、とりあえずやってみると…
アタリ後、ぐ〜っと重い…引きも弱く、よせてみると尺超えフグ!
タモ使ってまで…と思いラインでたぐってみるも、プチ…

ヘチはやめた!
前日予習しておいたマゴチを狙うことにする。

まずはメタルマル13gをセット!
ボトムまで落として…(正確にはボトムはとれてない…)ワインド!
LEONさんの真似をして「いってこい!」とキャスト…戻ってきません…
もう1度キャストの際に、「もどってこい!」とキャスト!
はい…2個ロストしました…orz
気を取り直し7gのジグヘッドでフラッシュJ 3inchをセットして、ボトムをとったあと、
シャクリ幅は50cm程度のワインドで誘う。
ボトムは風が強くて取りにくいのでステイさせるところは超スローで巻く…
それを何度と繰り返す中、シャクったあと、スローで巻き、
次にシャクった一発目の時に
ガッ!

 

重さを感じ藻に引っかかったのかと思う…
ロッドを立ててみると、ブルブルブルブルと感じる。

 

!?

でも、引いてこない…
もう一度ロッドをたててみると…ブルブルブルブル!重い!

 

も、もしや!?

ドラグをやや強めにして、巻き上げる!
重く、ブルブルしまくる…でも引きはあまりない。
これがマゴチか!?と思いどんどん巻き上げる。
手前には大量の藻が生えているので、できるだけ浮かそうと努める。

そして、海面に魚影が!

 

マゴチだっ!!

「た、タモーーーーー!」

そして、T氏がタモを持ってかけつけてくれて、無事キャッチ!!!!

45cmのマゴチ。

初フラットフィッシュ!
テンション上がりまくり^^
今年の目標であったメバリング以外の釣りで釣果をあげることに成功!
嬉しい!^^
途中、これでいいのか?と思いながらもシャクり続けてたけれど正解だった^^

その後もマゴチを狙うも根がかりロストで、デイメバリングにシフト。

前回の沖堤と同様に
ジャークジャーク、テンションフォール。
何度かやる中で、ボトム付近でモゾっとしたアタリであわせるとヒット!
ナイスサイズの22cmのデイメバル^^

その後も同様の釣り方でメバル1匹とカサゴ1匹を追加。

次第に空も暗くなり、いよいよメバルタイム!

ところが、反応がない…いつもの様に表層〜中層での反応がない…

釣り仲間曰くボトムについてる…と。

ボトムをとるため1gのジグヘッドを10カウント。
その後トゥウッチを入れつつリーリングで探ると弱いアタリ!

引きもいつもと比較して弱い…

ボトム狙いなので、カサゴがいりまじりつつ、
1時間30分で14匹と野島防波堤ならではの怒涛の入れ食い^^
その間、23cmのナイスサイズのカサゴも釣れる。

ただ、なんかスッキリしない中で帰港の船…
納竿。

今回の釣果は、

20cm前後のメバル10匹、カサゴ6匹、そしてマゴチ。

 

夏の野島防波堤はトルクフルなカサゴが楽しい!

 

今回はそのカサゴを狙うときと同様の釣り方だった。
後から聞いた話、風による波の影響でベイトが寄り付かず
メバルが上を意識しなかったのでは?との事。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


2016年4月からのルアーでの釣果記録

今回の釣果

今回の最大サイズ

最大サイズ

釣果総数

最大釣果数/日

メバル

10匹

22cm

30cm

369匹

41匹

カサゴ

6匹

23cm

28cm

290匹

33匹

ムラソイ

22cm

28匹

3匹

クロソイ

29cm

21匹

3匹

タケノコメバル

15cm

3匹

1匹

アイナメ

13cm

1匹

1匹

シーバス(マル)

67cm

18匹

2匹

シーバス(ヒラ)

38cm

2匹

1匹

アジ

36cm

44匹

9匹

カマス

41cm

6匹

3匹

マゴチ

1匹

45cm

45m

1匹

1匹

サバ

18cm

15匹

7匹

トビウオ

34cm

1匹

1匹

ブラックバス

28cm

2匹

1匹

ニジマス

30cm

6匹

6匹

イワナ

20cm

1匹

1匹