福井、表層直下でコツコツあたりまくる

NO IMAGE
出張釣行で福井へ。
正直、福井では大物と出会うことがあまりなく、前回数釣りを成功させている。
過去ブログ:2017年5月17日「福井、メバル数釣りポイント探し」
過去ブログ:2016年10月19日「福井にて2度めのランガン地獄」
そして、この釣行結果から、この時期はメバルではなくアジがターゲットになる。
しかし、今回は仕事の都合上、夜たっぷり釣行する時間はなく、ランガンもほぼ不可。
なので、上記2回の釣行結果から、ターゲットを丹生、世久見の漁港の2箇所に絞る。
釣行日:2017年10月18日(水曜日)01:30〜04:00
場所 :丹生漁港/世久見漁港
天気 :天候:晴 / 気温12℃ / 風速:北東4m/s / 波:1m / 濁り:澄んでいる
潮  :下記参照
IMG_3930.JPG
丹生へ車を走らせ、最初についたポイント…
今迄は他の釣り人がいたことがなかったけれど、今回は4人の釣り人がいた。
前回と同様に0.5gのジグヘッドで表層から探ってみることにした。
すると、コツコツとアタリがある。追い食いもしてくる。
いい感じ!と何度も表層直下をリトリーブ中心にストップやシェイクを織り交ぜ、
かなりのアタリが感じられるも…のらない!!!
その間、ボトム迄のレンジを探るも表層直下のみアタリ。
1時間釣れずで海面を照らしてみると…
10cm程度のアジがいっぱい!
IMG_3914.JPG
これかぁ…と思い、早々にランガンを決意し、世久見漁港へ移動(45分)
前回のマルアジが釣れた場所でキャスト。
またしても表層直下で、同様のアタリでのらないパターン。
他のレンジは反応なし…
ここも豆アジかぁ…と落胆…
でも、なんとかして釣ってやる!と今回はアジチョンヘッドのような
シャンクの短いフックを持ち合わせていなかったので、できるだけ小さいジグヘッドで。
そして、なんとか2匹の10cm程度の豆アジを釣った。
IMG_3913.JPG
時間があまりないので、早々に納竿…
出張釣行は比較的いい思いをさせてもらってるものの…今回は残念な結果となってしまった。

にほんブログ村 釣りブログ 神奈川釣行記へにほんブログ村 釣りブログ アジングへ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2016年4月からのルアーでの釣果記録

 

今回の釣果

今回の最大サイズ

最大サイズ

釣果総数

最大釣果数/日

メバル

   

30cm

524匹

41匹

カサゴ

   

28cm

319匹

33匹

ムラソイ

   

22cm

46匹

10匹

クロソイ

   

29cm

73匹

26匹

エゾメバル

   

18cm

61匹

32匹

タケノコメバル

   

18cm

6匹

1匹

アイナメ

   

13cm

1匹

1匹

クジメ

   

22cm

1匹

1匹

シーバス(マル)

   

67cm

20匹

2匹

シーバス(ヒラ)

   

38cm

2匹

1匹

アジ

2匹

10cm

36cm

274匹

23匹

カマス

   

41cm

6匹

3匹

マゴチ

   

45m

2匹

1匹

サバ

   

18cm

15匹

7匹

シイラ

   

45cm

8匹

8匹

マルソウダ

   

35cm

1匹

1匹

トビウオ

   

34cm

1匹

1匹

ウグイ

   

25cm

1匹

1匹

キビレ

   

20cm

1匹

1匹

キュウリウオ

   

31cm

2匹

2匹

ブラックバス

   

28cm

2匹

1匹

ニジマス

   

64cm

39匹

20匹

イワナ

   

20cm

1匹

1匹