湾奥、自作プラグでシーバスフィッシング!

湾奥、自作プラグでシーバスフィッシング!

はじめに

会社の仲間M氏に釣りしよう!と誘い、M氏はタックルを購入…
1度やったきり、半年がすぎ、2度目が実現^^;
まだ日が明るいうちに現地到着し、ビーナスフォートでハワイフェスをしていたので、
ガーリックシュリンプとポテト、ビールを購入し、仕事の話をしながら青空宴会開始!


釣行日:2017年5月2日(火曜日)17:00〜22:00

場所 :都内某所(湾奥)
天気 :天候:晴 / 気温14℃ / 風速:4m/s / 波:1m / 濁り:普通
潮  :下記参照
タックル
ロッド:Daiwa B.B.B. 636TLFS
リール:Daiwa 17 セオリー 2506
ライン:Rapala サフィックス 832 0.2号 6.3lb 150m ネオンライムグリーン S8GL150M
今回のヒットルアー等
自作ルアー “ANT65F”

タックルベリーでルアー購入

日が傾きだした頃からキャスト開始!
僕とM氏が現地到着前にタックルベリーで1個ずつルアーを購入。
僕はベイソールミノーを。
M氏はB-太SRを。
それぞれ、それをキャストする!僕は…タカギレしてベイソールミノーは吹っ飛んでいきました…

まぁ暗くなるまでは釣れる気もせず、だらだらやる中で、
釣り仲間も2名+子供を釣れてきて、コラボする形となった。

いよいよ、暗くなり真剣勝負!

自作プラグでシーバスを狙う

しばらくキャストする中でM氏がセイゴを難なく釣り上げる!
そして、釣り仲間も。
さらに、M氏が追加のセイゴを。

焦る…

こうなったら信頼の自作プラグ”ANT50SS”をセットして表層直下をリトリーブ。
すると、


ガン!

ジッ ジッ、ジーーーーーーーーー
これこれ!巻き上げながら寄せてきたところで…タモをだしてもらい、
投入直前でフックアウト…
姿もみえていたので、50cmはあったように見えた。
ただ、手前まで寄せてからの潜りこみ後のドラグジーーーーーを感じられ満足!
その後、3回のミスバイトが続き…

フックの小ささが課題ないのか?と思い、
釣り仲間から自作プラグのシーバス用を作って欲しいとの要請に対して
2個製作していた
”ANT65F”を使うことに。

何度かキャストする中で、
コンスタントにセイゴクラスではあるものの2匹。

自作ルアー”ANT”がメバルやカサゴだけでなく、シーバスにも通用した^^
サイズは小さくても、嬉しさは大きい!
その間、釣り仲間の1人はフッコクラスのシーバスを何本もあげていた…
実は、釣り仲間とフィッシュファイトをしていた。
彼には3連勝…無敗。
今回は圧倒的な釣果の差により完敗…

景品としてANT50SSを手渡すハメに…^^;まぁ結果、今回は全員釣果のある素敵な1日となった。

 


ルアーでの釣果記録(2016年4月より)

今回の釣果

今回の最大サイズ

最大サイズ

釣果総数

最大釣果数/日

メバル

30cm

359匹

41匹

カサゴ

28cm

284匹

33匹

ムラソイ

22cm

28匹

3匹

クロソイ

29cm

21匹

3匹

タケノコメバル

15cm

3匹

1匹

アイナメ

13cm

1匹

1匹

シーバス(マル)

2匹

26cm

67cm

18匹

2匹

シーバス(ヒラ)

38cm

2匹

1匹

アジ

36cm

44匹

9匹

カマス

41cm

6匹

3匹

サバ

18cm

15匹

7匹

トビウオ

34cm

1匹

1匹

ブラックバス

28cm

2匹

1匹

ニジマス

30cm

6匹

6匹

イワナ

20cm

1匹

1匹