沖堤でカサゴをコバシ!

NO IMAGE

土曜日は野島防波堤にて昼12時出航の20:30迄の実質8時間の炎天下釣行を予定!
ところが…強風予報…半夜も出来るかも?の淡い期待を持ちつつ…出航!
釣行日:2016年7月2日(土曜日)12:30〜18:00
場所 :野島防波堤
天気 :晴
潮  :下記参照
160702_タイドグラフ.png
タックル:※PCで詳細をご覧いただけます。
BREADEN GRF-TE74 fortunateNB
ダイワ(Daiwa) ロッド 月下美人 アジング 74L-S
ダイワ 15 フリームス 2506
シマノ リール 13 ナスキー 2500
クレハ フロロマイスター 320m 3lb/0.8号
よつあみ(YGK) ライン G-soul X3 150m 6lb
JAZZ 尺ヘッドDXマイクロバーブ Dタイプ 3g #6 漁師パック
Daiwa 月下美人 ダックフィンビーム 1.5インチ アソート
ECOGEAR メバル職人 ミノーSS 1-1/2インチ
Fish Arrow フラッシュ-J Shad 2インチ
今回の昼間の釣行ではカサゴを主体に狙う。
そんな中での僕が自分に課した課題は、
尺へッドのシャンク形状でも釣り上げられる様になる事。
前日、仲間とアワセの話をしていて、
ワタシはメバルを釣る時は、コン!ときたら一呼吸おいてアワセる。
例外あるけれど比較的こんな感じ。言ってみれば、
“コンんーバシ!”(んーは1秒未満?)
仲間は “コバシ!” ^^だそう。
共にチューブラーでの話。なので今回は沖堤帝王を名乗る仲間が尺ヘッドなので、
アワセを同様にやってみる事にした。
3gの尺ヘッドDに安定のダックフィンをセット!
ボトムをとって時にボトムからしゃくりあげてカーブフォール、ボトムパンピングで誘う。
そんな中、早速沖堤帝王が釣り上げる!
コラボ釣行では誰かが釣ると、釣れるぞ!との安心感が増す!
そして僕にもアタリが!コバシ!!
ヒット^^ お!イケるかも^^
そして、早々に大物がヒット!ドラグなりまくり!すごいトルク!!
ゴリ巻きしようもドラグ調整が追いつかない…師匠がタモをスタンばってくれるも潜られる…
しばし様子見するとブルブルっと感触が伝わってくる!よっしゃ!とゴリ巻きするも、また潜られる…
結果、2、3分待つも反応なく…強引に引いてみたところ…プッ…
その後、幾つか釣り上げたところで、サイズアップを期待してFlash Jの2inchで!
ところがサイズアップしない釣果が続き3inchにするとアタリがなくなる…
そんな中、沖堤帝王はコンスタントに釣り上げるのを横目で見て…
やっぱりダックフィンに戻そう…と。
やはり安定度抜群!ただ、根掛かりでのロストが半端ない…
結果尺へッドDの漁師パックほとんどロストTT
ダックフィンの手持ちもほとんどなくなり…メバル職人のミノーSSで安定的に釣る。
結果的にはカサゴ20匹(20cm超えは1匹だけ^^;)とスレがかりのタナゴ1匹。
160702_カサゴ.jpg160702_カサゴ2.jpg
師匠曰く、夏のカサゴのトルクはすげーは本当で、確かにいい引きしてくれた^^
と、楽しい釣行のようで…実態は…
風速10m超え…さらには波が半端なくぶっかかってくる…
僕は大丈夫だったけれど沖堤帝王は頭からから何度もかぶるとこを目撃した^^
160702_野島防波堤.jpg
もう下半身びっちょびちょのぐっちょぐちょ…酷いもんで…疲れた^^;
そんな中、師匠は次の釣行へ…タフ過ぎ^^;
次行くなら朝7時からいきたいな!^^
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー