横浜、初の横浜沖堤でのアジング

横浜、初の横浜沖堤でのアジング

沖堤へGO!

ここ最近の横浜でのアジング不振状態に対して、ボウズを食らってしまったり
と残念な状況が続く中、アジングの釣り仲間も同様な気持ちでいた。

 

横浜沖堤の夜通し便でやってみる?と話をする中、やってみよう!となり、
AくんとHくん(Hくんの友人2人も)と行く事となった。

 

山本釣船店(http://www.yamamoto-turibune.com)にて、

 

夜便20:20出港の6:00帰港の計画で、現地に40分前に到着。

近場のファミリーマート付近の有料(500円)と無料の駐車場があるとの事。
無料の駐車場を丁寧に案内してもらう。

山本釣船店から歩くと結構な距離はあるのの、
駐車場付近にも船をつけてくれるとの事、車で駐車場に向かう事に。

ちょっとだけ分かりにくいのだけれども、山本釣船店を背に横浜方面に車を走らせ
山下橋交差点を右折し、すぐに左側方向で車を走らせるとゲートがあり、

そこを通りガードマンに挨拶し、目的地へ行くのにショートカットも出来そうだけれども、
案内通りに直進で突き当り迄走り、右折後同様に突き当り迄。

さらに右折で突き当り迄走ると駐車場となる。

今回の出港は自分達5人以外に4名程。
なかなかの綺麗な船に乗り込み出港!
Advertisement
普段見慣れたみなとみらいの夜景やベイブリッジの夜景が
いつもと異なる角度から見れる!
なかなかのスピードで気持ちぃ〜^^
釣行日:2017年7月22日(土曜日)21:20〜05:30
場所 :横浜沖堤防
天気 :天候:晴れ / 気温27℃ / 風速:南南西5m/s / 波:1m / 濁り:濁っている
潮  :下記参照

かなりの水深と横殴りの風

現地到着してみると、良さげな場所に先行者7名が陣取っている。
僕達は空いている場所で釣り座を構えた。

このポイントは神奈川では珍しく水深がある。

 

堤防から20mもキャストすれば12~15mあるらしい。

 

そもそも水深3m以下のポイントばかり、せいぜい5m程度の水深での釣行が多いだけに、
この水深は僕にとっても初チャレンジなだけに不安がいっぱい。

 

しかも横殴りの風が吹きつけている。

 

まずは1.3gのジグヘッドをセットしてキャスト。
しかし、何をやってるのかわからない

流れもある為、今どのレンジにジグヘッドが位置してるのか?

 

イメージがつかない

 

何度かキャストし、少々移動をかけながら歩きながら探りをいれる。
しかし、やっていることのイメージもつかないまま、アタリもなく時間がどんどん過ぎていく。

そんな中で、先行してた唯一のアジンガーの人の側につかせてもらい、
持てる少ない引き出しで何度か探るとアタリ!

 

ただ続かない

 

 

ドリフトが効果的!?

 


そんな中、先行者はコンスタントにアジを上げていく!何が違うのか?横目で観察すると

特に何もやっていない。そうキャストして放置してるイメージ。

つまりドリフトだ!

 

それを真似したH君はヒットを連発させる。

 

んんん!?

 

僕もA君も同様の釣り方を再現できず、いつも通りのテクニックを用いる。

基本ボトム付近でのヒット。ただ、1.3gでは正直ボトムの把握は風と流れから判断が難しく、
ライン確認はエステルだけに全く出来ず、
キャストしてカウントをとったあとにヘッドライトをつけて確認する

 

それでも、反応が得られないのでH君はグロー系ワームを使っているとの事なので、
クリア系から今迄使ったことのない、黒系のワームにチェンジし、アピールさせる事に。

 

そして本日最大はのアジは…23cm…

 

次第に空も明るくなってくると、黒系よりもクリア系の方が反応は得られるものの、
明らかに先行者との釣果だけでなく、恐らくアタリの数も違いすぎる

結果アジ9となんとも淋しい結果となった。

 

 

Advertisement

 

 

釣果いまひとつの仮説

 

いったい、何が違ったのか?
ただ、仮説は立てられた。

 

まずはポイントの明るさの差はもちろんの事ながら、
なぜ先行者そして、その釣り方を真似した
H君は
釣れて僕とA君はダメだったのか?

 

それはライン!

 

先行者もH君もPEライン。ただでさえ先行者より暗い場でやってる中で、
風が強く流れもある中では、いかにラインテンションを維持するのか?


そう
ラインを目視しなければならない。
H君はラインを見ていたとの事。


エステルでは暗闇では目視なんて到底不可能なので、トウィッチをいれて
ラインテンション状態を確認するしか方法がない。


それにより放置で釣れている以上はドリフトで見せられているワームを
不用意に浮き上がらせることでアジの視野から外れてしまっている

と言うのが仮説。

 

となると検証してみたくなる!ただ、夜通しで帰宅後、子供が起床していて
もちろん寝れずのキツイ1日を送るかと思うと、次、横浜沖堤に足を運ぶのはいつになるかな^^;

 

にほんブログ村 釣りブログ 神奈川釣行記へにほんブログ村 釣りブログ アジングへ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


2016年4月からのルアーでの釣果記録

今回の釣果

今回の最大サイズ

最大サイズ

釣果総数

最大釣果数/日

メバル

30cm

520匹

41匹

カサゴ

28cm

306匹

33匹

ムラソイ

22cm

46匹

10匹

クロソイ

29cm

50匹

26匹

エゾメバル

18cm

32匹

32匹

タケノコメバル

18cm

6匹

1匹

アイナメ

13cm

1匹

1匹

クジメ

22cm

1匹

1匹

シーバス(マル)

67cm

19匹

2匹

シーバス(ヒラ)

38cm

2匹

1匹

アジ

9匹

23cm

36cm

179匹

21匹

カマス

41cm

6匹

3匹

マゴチ

45m

1匹

1匹

サバ

18cm

15匹

7匹

トビウオ

34cm

1匹

1匹

ウグイ

25cm

1匹

1匹

キュウリウオ

31cm

2匹

2匹

ブラックバス

28cm

2匹

1匹

ニジマス

30cm

6匹

6匹

イワナ

20cm

1匹

1匹