夜光虫によるサイトフィッシング!

NO IMAGE

激しい運動したわけでもなく、身体のあちこちがじわじわと筋肉痛のような痛みに
覆われてきて…ペンを持って字を書く事すら痛みを伴う…なんだこれ?病院行くかな…
まぁそんな症状なので毎週土曜日の釣行も葛藤。気持ちと体が…^^;
まぁサーフや磯が理想だけど、行けばたっぷりやりたくなるし、体への負荷も大きくなるので、
短時間で足場の良い公園や堤防系で…と制限をかければ…行ってもいいかな…!?と迷ってる中、
すると奥さんから「今日も行くんでしょ?」と。
思わず条件反射的に「うん…」^^;
という事で、ぼっち釣行する予定だったけれど、急遽師匠含め3人でのコラボ!
釣行日:2016年7月9日(土曜日)23:00〜02:20
場所 :うみかぜ公園
天気 :雲
潮  :下記参照
160709_タイドグラフ.png
タックル:※PCで詳細は当ブログの下部にてご覧いただけます。
Daiwa 月下美人 アジング 74L-S
Daiwa 15 フリームス 2506
クレハ フロロマイスター 320m 3lb/0.8号
ダイワ 月下美人 SWライトジグヘッドSS
Daiwa 月下美人 ダックフィンビーム 1.5インチ アソート
Berkley ガルプ! ベビーサーディン1.5インチ ミニパック
ハヤブサ FINA メバル専用ワーム いかマティ 1.5インチ
さて、最初に向かったのは港と磯風な所。
1時間程度キャストして、毎回のゴミとの格闘を経て全くアタリもなく移動する事に。
次に向かったのはうみかぜ公園
とりあえずPB回避の為、ボトムを探りカサゴかソイを狙う。
すると間もなくして師匠がメバルを釣り上げる!
はっ!
僕はメバルに会うつもりでここにきてるんだ!
急遽、表層からのレンジ刻みで探りをかける方向にシフト。
うみかぜ公園を端から端迄歩きながらキャスト。
水深がある所にはずらーーーっと竿とクーラーボックスが一定間隔で並ぶ。
海をのぞくと夜光虫で魚影の濃さがうかがえる。
ただメバルではなく、もっと大きく泳ぎも速い魚。
うーん、メバルはここにはいないだろう…と海を見ながら移動する中、
仲間と合流し、「ここでアタリありましたよ!」との事。
海をのぞくとメバル風な魚影が夜光虫で照らされている!
そして、時合だったのか!?
12〜14cmクラスのメバルが約10分の間に4匹ぽんぽんっ!と会いに来てくれた^^
比較的表層〜中層の範囲で探り、夜光虫で食いつく様子も目視出来たので楽しめた!
そして、アタリが減り、中層以下の層でイカの形をしたイカマティで1匹釣り上げ干潮前に納竿。
160709_メバル.jpg
短時間だったけど、この時期に、この様な場所でメバルと会えた事が何よりも嬉しい釣行だった!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー