ルアーのリペイントに挑戦!

NO IMAGE

釣り仲間とは別ルートから得た情報にて3人で期待を膨らませ釣行へ!
現地到着し、さて行くぞ!
ん!?? 立入禁止の看板…
えーーーー!?
という訳で、この場所が釣れなかった時の為の新規開拓を検討していた場所へ移動する事に。
干潮時に現地入りしダベリング後、浅いながらも色々試すがアタリひとつなく納竿。
ボウズ…なんだかんだ久しぶりな気がする…
今回はプラグ中心にキャストした。
中でも、半数以上キャストしたのはリペイントしたプラグ。
本当はリペイントしたプラグでの釣果で記載したかったのだけれども…
最近、磯子キャスティングの店員との会話で、プラグの調色の話を聞きチャレンジしてみた!
まずはタックルベリーで良さ気なルアーを購入。
IMG_0799.JPG
次に塗装剥がしの為にIPA(イソプロピルアルコール)を用意。
今回はamazonで水抜き剤がIPAで構成されているので比較的安いものを購入。
さらにルアーをどぶ漬けする為にダイソーで容器を購入。
IMG_0798.JPG
そして、どぶ漬けして1日後、この様に塗装が浮き上がる状態に。
IMG_0793.JPG
IMG_0809.JPG
そして、剥がし作業。
IMG_0844.JPG
プラグの塗装の個体差はあるけれど、今回のは比較的容易だった。
IMG_0845.JPG
次にマッキーで顔の部分だけぬりぬり。
IMG_0853.JPG
ちなみにマッキーではなくプロッキー等は水性なのでうまくいかなかった。

これをウレタンコートの溶液にさっと浸けて乾燥させる。

するとウレタンが油性インクをいい感じで溶かしてくれて数時間後
IMG_0888.JPG
かなりいい雰囲気の調色完了!
高そう!^^ ウレタンコートの厚み増により動きは多少変わるかな?
その後、いくつか安い中古ルアーを購入して同様に実施。
塗装がとれないからと言って数日浸しておくと、ヘッドやテールの細い部分がポロっと
とれてしまうので注意が必要。エイトカンを数百円で購入する結果になる^^;
そこで、さき程の水抜き剤のIPA比率が60%なので、99.9%以上のものを購入。
現時点ネットでは最安かな?

すると、数時間で塗装剥がしができる!こっちの方がおすすめかな?