サーフメバルとの再開。そしてサプライズ!

NO IMAGE

毎週土曜日は師匠が主催してくれる釣行日。
今回は深夜に6名もの賑やかなコラボ!^^
前回出会う事の出来なかったメバルと
まだ、出会えるのか?しばしのお別れを告げなければならないのか?
を確認する釣行でもあった。そして、新たなターゲットでもあるサバのチャレンジ。
実は1月に購入しておきながら全く使ってないシーバスロッドも含めた3本ロッドで挑む!
釣行日:2016年6月18日(土曜日)21:30〜06:00
場所 :横須賀某所
天気 :晴
潮  :下記参照
160619_タイドグラフ.png
タックル:※PCで詳細を記事最後でご覧いただけます。
BREADEN Glamour Rock Fish GRF-TE74 fortunateNB
Daiwa 月下美人 アジング 74L-S
Daiwa リバティクラブ シーバス 96ML
Daiwa 15 フリームス 2506
シマノ 13 ナスキー 2500
クレハ フロロマイスター 320m 3lb/0.8号
Rapala ラピノヴァX マルチゲーム ピンク 100m 0.4号
DUEL HARDCORE X4 150m
ダイワ 月下美人 SWライトジグヘッドSS
Daiwa 月下美人 ダックフィンビーム 1.5インチ アソート
Berkley ガルプ! ベビーサーディン1.5インチ ミニパック
BREADEN ネジネジ 10本入
横須賀某所にてキャストしながらの待ち合わせ。
ここには過去2回待ち合わせしたことがあり1回はキャストしたことがあり、
1時間強でワタシは1匹だったけれども師匠がバカバカ横で釣ってた場所。
2016年6月4日釣行日記:サーフメバルと月下美人
今回も同様にキャストするもど干潮でいまひとつ釣れる気がしない…
結果、今回は40分程で移動。メバル…TT
そして前回訪問したサーフへ移動!
この時期、港とかテトラではメバルが釣れる気がしないけれど、
サーフや磯は期待出来る…と信じたい!
前回同様に10gのフロートを付け0.3gのジグヘッドにワームをセットして、ロングキャスト!
どうしても、右に反れる傾向はあるものの、前回より遠投が出来てきた感じがする…
が、なんとライン全てを出し切ってきしまう程にライン消耗により足りない状態…
まぁ前回より沖へぶっ飛ばしているので良しとする^^;
そして、早々にフグの猛攻撃をくらう!
リトリーブし終えた後のワームのズタボロ感は酷いもので…
師匠曰くテールがかじられても大丈夫…とはアドバイスもらうも、
よりメバルへのアピールを考慮して取り替える。
そんな中で5〜6cm程度のフグを釣った!これが過去に見た事ないレベルでの怒りっぷり^^
膨れまくり、その後ぷしゅーと萎む。なかなか可愛い!
まぁフグとは言えボウズ回避!^^
160619_フグ.png
安心してキャスト出来る範囲をスローリトリーブで探るも反応なし。
何度がストップ&ゴーでフォールで誘うも…反応なし。
満月で手前はクリアだけれど、あえて半透明系のワームからアピールカラーにチェンジしてみると…
ヒット!
まぁまぁの引きを展開してくれる15cmのメバル!
160619_メバル1.png
サイズ的には満足ではないものの、メバルと出会えたことが嬉しい!

そして続いてヒット!
凄い引きかと思うと根に速攻に潜られるので、師匠直伝の方法で手慣れた手つきで対応するも、
即動きリトリーブするもすぐ根に潜られる…やったらパワフル!
なんだこれ!?と疑問に…
はい!師匠とお祭りしてました…そりゃパワフルだよな^^;
師匠失礼しました。
ベビーサーディンだとガルプ汁で、さらにアピール系の色…それはフグの猛攻撃は避けられないので、
ブリーデンのネジネジワームにチェンジし、数投。
来た!これぞサーフ系のメバル!とのファイトを見せてくれる^^
22cmのメバルをゲット!
160619_メバル2.png
その後、丁寧にさぐりをいれていく中で、またしてもヒット!
先程の引きはないものの、なかなか楽しませてくれる。
そして引き上げてみると…やったら青い長細い魚!
なんと34cmのトビウオ!当然、初魚種^^
160619_トビウオ.png
正直驚き!こんな魚が回遊してるなんて^^;
コラボメンバーが一斉にトビウオをワームで!アギングだ!と一斉に湧く!
師匠が2匹ゲットし、トビウオの回遊は終わってしまった。
それからは、今回の釣行のもう一つの目的であるサバ狙いの為に移動。
現地到着するも、まだ朝マズメには早くメバリングタックルでメバルを狙う…
すると…ネンブツダイ、ネンブツダイ、ネンブツダイ…
そんな中でネンブツダイちっくながらもやや強い引きの魚。
ムツ!初魚種!
160619_ムツ.png
朝マズメタイムより、シーバスロッドにメタルジグをセットしてキャスト。
感覚がつかめず、うまく飛ばない…ボトムを速攻でとってしまって根掛かり…ロストを
繰り返し、アタリもないまま、空もすっかり明るくなりタイムアップ。
師匠に魚のサバキ方を教わり、現地でトビウオの刺し身(美味!)を食べ納竿。
160619_サバキ講習.png
今回はメバルとまだ出会えた事の嬉しさの中にトビウオのサプライズ!
サバはダメだったけれど、何気に五目を達成した満足のいく釣行だった。
ただ、過去にない朝までの釣りで帰宅7時…子供は起きている…37時間後に眠りについた…
この歳ではキツイ^^;
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー