おゆまるでメバリング用、自作プラグ製作!

NO IMAGE
土曜日の夜、ここ最近のポイントに行くか?昨年、尺アジが釣れまくったサーフへ行くか?
迷う中、師匠の釣行予定を聞くと、検討していたサーフが候補に!
ここ最近ぼっち釣行が多い中、久しぶりのコラボが決定。
昨年なら22:00〜4:00なんて当たり前の釣行時間だったのに、短時間釣行に慣れてしまったか…
結果、子供と一緒に寝てから2時起床、現地に3:00着。
今回のコラボメンバーは合計6人。早速キャスト…ではなくロッドも持たずにダベリング。
結局、1時間ダベリングしてから、キャスト開始が4:00〜
釣行日:2017年1月22日(日曜日)04:00〜05:50
場所 :三浦某所(サーフ)
天気 :天候:晴 / 気温3℃ / 風速:4m/s / 波:1.5m / 濁り:濁り有
潮  :下記参照
IMG_0157.JPG
タックル:
ロッド:BREADEN Glamour Rock Fish GRF-TE83 deep
リール:Daiwa 15 フリームス 2506
ライン:DUEL HARDCORE X8 200m 0.6号
リーダー:ヤマトヨテグス フロロショックリーダー
ここ最近は遠投してないだけに、アタリがない中での手返しの悪さが気になる…
何回かキャストする中で、みんなは次へ移動とのこと。僕は居残りでここを探ると伝え、
ぼっち釣行に。しかし、次第に風が強くなりPEラインが流されまくる状態となり、
まだ夜が開けてない状態だったけれども納竿とした。ついに海でのボウズをくらってしまった…
まぁこのサーフでのボウズは覚悟はしていた…いずれは調査してみたかったので…仕方ない…
特に冬場の風が強い時、ここは左右から風が乱れて吹く傾向があるので、やりにくいので、
風速1m以下で潮が合えば、また調査するかも…ただ、藻が繁茂してからかな…
—————-
で、帰宅後の朝から子供と遊びまくって疲れさせて21時前に子供は就寝。
前回自作プラグで釣れたのをいい事に?もっと作ってみよう!とのモチベーションから製作へ。
2017年1月18日「横浜、メバリング挑むもプラグにまで食いつくカサゴの活性!」
元々、前回のプラグ作りは試行錯誤でかなりの時間をかけて3つ。
おゆまるでシンカーを適正位置にセットしての製作はかなり難しい…
でも、針金で軸を作って、こんな感じで製作すれば位置決めは簡単!
IMG_0130.JPG
で、サクサク!と仕上げて1時間もかからず2個完成!早速浮力チェック!
IMG_0131.JPG
圧倒的な沈下速度…
前回との違いは…
1.針金の重量
2.フックがシングルではなくトレブルフックを採用
3.比重0.9のおゆまる使用量が前回よりもスリムボディで製作したため、減量…結果浮力減
よって、シングルフックに変えてみるも、狙いたいSS(スローシンキング)ではなく
S(シンキング)…もう作りなおすのは面倒なので、
水深のある流れの強い場所用として、別途改めて作りなおす。
今度は軸にシンカーをつけないで製作。
かなり見た目的にはいい感じに^^ そして浮力テスト!いい感じにSS風ではあるものの、
尻下り気味。お尻のフック分の重さがそうさせている…
よってシングルフックに変更!いい感じにやや傾きあるにしてもSSが出来た!
IMG_0138.JPG
今回の反省を活かし!頭付近をやや大きくも作りたい=浮力が出るので、軸を以下のように…
IMG_0142.JPG
そして製作結果…やはり尻下りSS。
よって針金を加工するのはタイムロスなので、前方に1個シンカーをうつ。
IMG_0165.JPG
ただ、頃合いが良いのがなく、ちょっと重いかな?と思いながらもプロト品完成。
IMG_0163.JPG
形状はシンキング時に水平を保つ事を優先に製作過程で臨機応変に変更。
浮力は左から順に右へ行くほど少なくなる。それでもかろうじてSSレベル。
小さくなるほどおゆまるの量を増やさなければならず、形状はぽてっとせざるを得ない。
そういう意味でも、ある程度の長さは必要ともいえる。
自己満足の世界…これらに命名^^ 左から…
pt-ANT50SS(CLR+RH) , pt-ANT50SS(GRN) , pt-ANT55SS(CLR) , pt-ANT40SS(PNK)
さて、今週末にこれらで釣果はあげられるだろうか?
ちなみに使用材料は以下の通り。
おゆまる1000 12色
オーナー スティンガートリプルフック ST-36BC
オーナー スプリットリングファインワイヤー
おゆまる43円 +トレブルフック175円 + スプリットリング 11円 = 229円
ライトゲーム用のプラグは900円〜1500円することを考慮すれば破格!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー